合コンで出会う/男性医師の恋活・婚活を応援する【ドクターパートナー】

HOME > ドクターの婚活事情 > 合コンで出会う

【婚活方法】
合コンで出会う

キーワード:コミュニケーション , 出会い , 勤務医 , 医師の恋愛事情 , 医者 , 合コン , 婚活 , 婚活マナー , 研修医 , 結婚

合コンで出会う

アラサードクターは「合コン」での出会いも視野に

アラサードクターは「合コン」での出会いも視野に一般的にモテると思われがちな男性ドクター。
女性ナースたちに囲まれる一方で、女性の患者さんとのロマンスもあるのでは…、なんて世間では思われているようです。しかし実際は研修医の頃は仕事に追われ、恋愛や結婚は二の次!なんて日々を過ごしていた人も多いのではないでしょうか。
また、医師になったら毎日がとても忙しく、家と病院との往復だけで一日が終わってしまうなんていうことも多いのが現状だとよく伺います。

普通でさえ結婚が難しい時代に、時間のないドクターはどのように婚活をしたら良いのでしょうか。
このコーナーでは「合コン」に焦点を当ててご紹介したいと思います。

ドクターが「合コン」を考える時!?

ドクターが「合コン」を考える時!?
医学部時代かや研修医時代を通して、結婚相手に恵まれなかったとしても勤務医の場合なら、女の園といっても過言ではない病院内に対象となる女性は大勢いるので出会いもあるでしょう。
しかし、オーバー30辺りから女性との出会いもグンと減る傾向にあるようです。それは何故でしょう。

勤務医の場合、ドクターがそのくらいの年齢になると、ナースたちとは上司と部下という関係になり、気軽に声を掛けるのが難しくなります。上司と部下という立場が確立されてしまうと、恋愛対象としても敬遠されるようになってしまうのです。また、ドクターの立場としてもよほどのことがない限り、自分から彼女たちにアプローチするのは難しい状況よなります。
つまり、必然的に病院とは全く関係のないところでパートナーを見つける必要があります。

「合コン」のメリットを知って気軽に参加!

では、どのようにパートナーを探せば良いのでしょうか。
いわゆる「婚活」には様々な方法があり、その中でもっとも気軽な方法として「合コン」が挙げられます。楽しく気軽な雰囲気の中で異性と出会えるのが最大の魅力ですが、どんなメリットがあるのか詳しく説明しましょう。
① 人数制限があるので相手を絞りやすい
気に入った相手と連絡先を交換したいという場合、人数が多いと「とりあえず」という気持ちが生まれてきます。しかし、少人数の合コンなら、本当に気に入った相手だけと連絡先を交換することが可能です。
② 時間制限が曖昧
よほどのことが無ければ、1次会の後に2次会へなんていう話も出るのではないでしょうか?異性と過ごす時間が長くなればなるほど、より相手のことを知ることが出来ます。
③ 趣味やイベントを取り入れることが可能
花見やハロウィンなど季節のイベントを取り入れれば、相手を意識せずに異性と自然に仲良くなれるでしょう。また、スポーツなどの同じ趣味の人が集まれば、話題に困ることもありません。
一方、デメリットもあるので注意しましょう。
例えば、少人数であるがゆえに気に入った異性がいなかった場合でも、途中で抜けることは出来ません。まずは異性と気軽に出会って、友達を作ることを目標に参加されてはいかがでしょうか。
参加した人たちの「輪」から更なる新しい出会いがあるかもしれません。

実際に「合コン」に参加するには?

気軽に異性と出会える「合コン」のメリットやデメリットが分かったところで、実際に参加するにはどうすれば良いのでしょう。一般的なのは、「自分が幹事として人を集める」「知人や友人に幹事を依頼する」などが挙げられます。

学生時代であれば、どちらでも可能であったかもしれませんが、患者さんのために昼夜問わず仕事にあたるドクターには、他の人と時間を合わせることが向かないのも事実です。
現在は婚活の運営会社が主催する合コンシステムや専用サイトも数多く存在しますので、そちらをチェックしてみるのも「合コン」を成功させるポイントとなるでしょう。

その他の関連記事

初めまして!
恋に悩む人々に
恋愛成就のヒントを伝授する
婚活アドバイザー サトウです。

ドクターの婚活の現状や恋愛
事情など、様々な角度から
情報発信しておりますので、
皆様の理想のパートナー探しの
力になれればと思います。