好印象なメール、嫌われるメール/男性医師の恋活・婚活を応援する【ドクターパートナー】

HOME > コミュニケーション > 好印象なメール、嫌われるメール

【ドクターの婚活事情】
好印象なメール、嫌われるメール

キーワード:アドバイス , アプローチ方法 , コミュニケーション , ネット婚活 , 出会い , 婚活

好印象なメール、嫌われるメール

好印象なメール、嫌われるメール婚活パーティーで連絡先交換をした場合、メールを送っていますか?中には交換しただけで、メールを一度もしてないなんて方もいるのではないでしょうか?

今回は、婚活パーティーでカップルになられた方との初メールについて考えてみましょう。



好印象を与えるために、メールは男性から!

「こんばんは!本日はありがとうございました。カップルになった〇〇です。〇〇さんは自宅に帰りつきましたか?私は今帰り着いたところです。早速教えて頂いたアドレスにメールをしてみましたが、無事に届いていますでしょうか?」など、感謝のメールは必ず男性から送るようにしましょう。家に帰りつく前、もしくは帰りついたらすぐに送ります。
また、女性から先にメールが届いた時は焦らずに、出来るだけ早く「メールありがとうございます。無事に届きました」と、お返事を返すようにしましょう。



マイナス印象を残すメール

どんなメールがマイナス印象になるか考えてみましょう。

●早朝や深夜に届く非常識なメール
メールの時間はとても大切です。仲の良い友人になれば、何時のメールでもかまいませんが、婚活パーティーで出会ったばかりのほぼ初対面の女性に対して、深夜や早朝のメールは失礼にあたります。非常識な時間帯にメールの着信音がなると、それだけでマイナス印象です。相手の生活リズムが分からないうちは、22時以降のメールは控えましょう。
また、昼間の仕事中の時間帯のメールにも嫌な顔をされてしまいます。ドクターの中には、仕事上不規則な生活になっている方も多いでしょう。お相手の方といつなら連絡を取り合えるのか確認しておくことも大切です。

●初対面から馴れ馴れしい言葉遣い
初対面から呼び捨てをするなど、馴れ馴れしい言葉遣いは、女性に不快感を与えてしまうことになりかねません。
例えば、「今日はありがとうございました。とても楽しかったです」と言うところを、「今日はサンクス。超楽しかった!!」などと書くのはNGです。メールの言葉遣いは、何度でも見返すことが出来るため、とても大切。丁寧できれいな言葉を使うように心がけましょう。

●丁寧すぎると固すぎる
丁寧なメールは印象が良いですが、いつまでも丁寧なメールを送っていると、印象が固くなってしまいます。出来るだけ柔らかい表現をつかい、「いい人なのに文面がキツイ」と思われないようにしましょう。
例えば、「感謝申し上げます」などは、丁寧ですがよそよそしくて、硬い印象を与えます。「ありがとうございます」は、柔らかな印象です。しかし、同じ言葉でも漢字で「有難うございます」と書くと、少し硬い印象に変わります。同じ意味をもつ言葉でも、こんなに印象が違うのです。
難しい漢字などをひらがなにするだけで、メールの印象は柔らかくなります。

●顔文字絵文字について
初めてのメールから顔文字や絵文字を使うのは、おすすめ出来ません。
女性が絵文字を使って来たら、何度かメールを往復する中で、ポイント程度に使うようにしましょう。

●むやみにメールを送らないこと
返信がなくて不安な気持ちは分かりますが、相手の返事を待たずにメールを送ると、女性のテンションは下がります。
緊急な用件や大切な用事なのに返事がないときは、電話で。どうでもよい内容に返事がないときは、3日〜1週間ほど次のメールまで時間をおきましょう。
また、返事がないと言うことは、その内容についてふれたくないという意味が隠されていることも。変な質問をしてしまった場合は、その話題には触れずにメールをいれましょう。



女性が喜ぶメール

女性が喜ぶメール●気遣いが嬉しい!
気遣われて嫌な気持ちになる方はいないもの。もちろん、メールのやりとりをする度に気遣われていたら鬱陶しいですが、時々行う気遣いは好印象。
「今朝は寒いけど、体調くずしていませんか?」「遅くまでお疲れ様です。明日も朝早いんだよね?愚痴とかあったらいくらでも聞くから、ためこまないでね」「今日は遅くまで付き合ってくれてありがとう。ぐっすり休んで疲れを取って下さい」など、自分の体調を心配してくれる男性の存在(しかもそれが、専門職のドクター!)だったら、女性も嬉しいものです。

●長すぎないやりとり
好きな人とは延々とメールをしたいもの。ですが、ずっと続くやりとりは、メールをやめるタイミングを逃してしまうもの。私生活に支障をきたしたりすると、段々と連絡を取り合うのが苦痛にかわってしまいます。2往復程度でメールをやめる勇気も大切です。付き合う前のメールのやり取りは、週に1〜3日で十分です。メールだけで恋愛するのは難しいもの。いずれは連絡が途絶えてしまいます。
必ずメールではなく、実際に会ってデートを重ねましょう。メールはデートをするための連絡手段です。
デート後やお付き合い開始してからは、毎日メールをするという方が増えます。



女性がうんざりしてしまうメールの内容

●日記のようなメール
「今〇〇にいます」「〇〇を食べています」などの現状報告メール。頻繁にこのようなメールが届くと相手は返信に困り、うんざりしてしまいます。最初は返事が返って来ますが、少しずつ返事が返ってこなくなるメールパターンです。
どうしてもそのようなことを呟きたい時には、ツイッターやフェイスブック、LINEのタイムライン、ブログなどを活用しましょう。

●質問メールの多用
いつ誰が言い出したことかは不明ですが、相手から返事が欲しいときは、疑問形のメールが有効だと言うことをよく耳にします。しかしこの方法の多用は厳禁です。
「今日は何時に起きた?」「今日の昼食何食べた?」「パンとご飯、どっちが好き?」「おすすめのテレビ番組ある?」と、質問ラッシュにされると返事を返したいと思う事はなくなります。
他にも「今なにしてる?」ばかり聞いてくる男性がいますが、このような繰り返しの質問に女性はうんざりして、すぐに返事を返さなくなります。

●第三者の話
メールでこの場にいない他の方の話題を出すのはあまりおすすめ出来ません。
特に、婚活の場で出会った女性に自分の知人の話をしても、「知らない人について語られても反応に困る」と思われてしまいます。
その他、こんな話がNGと言うものを、こちらのページ「 女性が引いてしまうNGワード 」にもまとめています。
もしよかったら参考になさって下さい。




その他の関連記事

初めまして!
恋に悩む人々に
恋愛成就のヒントを伝授する
婚活アドバイザー サトウです。

ドクターの婚活の現状や恋愛
事情など、様々な角度から
情報発信しておりますので、
皆様の理想のパートナー探しの
力になれればと思います。