ドクターの院内恋愛事情/男性医師の恋活・婚活を応援する【ドクターパートナー】

HOME > TOP表示 > ドクターの院内恋愛事情

【ドクターの婚活事情】
ドクターの院内恋愛事情

キーワード:アプローチ方法 , お見合い , コミュニケーション , 出会い , 勤務医 , 医師の恋愛事情 , 医療事情 , 医者

ドクターの院内恋愛事情

ドクターの院内恋愛事情1日の2/3近くを院内で過ごしているドクター。大学病院であれば午前の診療と午後の診療があり、当直もこなさなくてはなりません。外科医の場合は午後に手術の予定が入りますので、昼食を取る暇もないほどの激務です。プラス、夕方には入院患者への回診もありますので、夕食も満足に取れないことも多々あります。

ハイステータスの花形職業と思われがちですが、外から見るほど優雅でもなければ遊びに長けている訳ではないようです。
最も一人でも多くの命を救いたい、健康に戻して普通の生活に戻してあげたいという、崇高な使命感からドクターになった人達です。慢性的な睡眠不足さえ、患者さんが元気になり退院された顔を見るために、労苦は厭わない志で乗り越えられるのだそうです。
では、そんな日々身を粉にして働いているドクター達の恋愛はどうなのでしょう?ここでは一日の大半を過ごす病院内での恋愛事情についてお話しましょう。

24時間体制の医療現場、ドクターの一日

その前に知っておきたいドクターの院内での一日。次に紹介するのは総合病院に勤務されている外科での一日です。この病院は24時間体制で患者や急患に対応している高度救命医療にも従事しています。そのため、看護師だけではなくドクターも交代で夜勤に当たっているのが特徴でもあります。
8:00出勤と申し送り
この日の仕事準備、当直のドクターや看護師から入院患者の状態、その日に行なった処置の申し送りを受ける。
10:00午前の外来診療
患者から症状と状態について問診。
その上で検査が必要か、急を要するかをコミュニケーションを交えて診察。
12:00昼食
患者が多い場合はこの昼休憩が押してしまい、昼食が取れない場合も。
13:00午後の外来診療
再び午後の診療。
15:00手術
当日担当する手術は症状や疾患により、10時間を超えることも。また、数件こなすこともある。
17:00回診
入院患者への診療時間。病室を回り、異常がないか、経過具合を当人から問診しつつ回る。
18:00当直業務開始
入院施設がある病院の場合、夜間・休日に関係なく診療を行う。
入院患者の容態悪化に備え、ドクターが交代で夜間の宿直を担当。
22:00救急医療
急患が運び込まれた際、当直医が治療を行う。緊急手術が必要なケースも年々増加傾向にある。
24:00仮眠
次の患者に備え、数時間の仮眠。急患や急変などで、一睡も出来ない場合も多い。
8:00勤務終了

恋愛経験が少なく、付き合えば長く交際

一般的な傾向としてドクターは恋愛経験が少なく、そして一度付き合えば長いようです。学生時代は中学・高校・大学と寝る間を惜しんでの勉強に没頭。恋愛や遊びに没頭していては試験をパス出来ない環境にあるからです。しかも不真面目で努力が嫌いな人はごく少数なため、ほとんどのドクターは基本的に真面目で勉強家。それだけに恋愛経験はあまり豊富ではなく、お付き合いする女性とは真剣な交際を重ね、長く続く傾向にあるようです。
では、どういう形での出会いがあるのでしょうか。ここでは職場である院内でドクターがどう出会いをし、お付き合いに発展、結婚に至ったのかを例として3つほどご紹介しましょう。

Case1研修医と看護師

研修医1年目のAさんは正義感溢れる青年。看護師4年目で仕事に慣れてきたBさんとはサポートしてもらう内に引かれ合い始め、病棟の飲み会を機に意気投合し、お付き合いへと発展。交際1年でめでたくスピード婚、この結婚を機にBさんは病院を退職しました。

これは医師と看護師が成婚に至ったというよくみられる光景です。このケースの場合はめでたく結婚まで辿り着きましたが、途中で別れてしまうと職場恋愛だっただけにお互い気まずい思いをします。さらに別れた後、医師側が別の看護師と付き合い始めたりしたら目も当てられない、醜悪なトラブルに発展することもあります。狭い病院内でのお付き合いは、色々と息が詰まるものがあります。ですがこの組み合わせの良いところは、なんといってもお互い仕事に対する理解がある点です。医師=医師同士、医師=他業種同士の組み合わせに比べれば、その後離婚してしまうケースは圧倒的に少ないようです。

Case2医師と医療事務

医師6年目のCさんが勤務する病棟担当になった医療事務Dさん。仕事上のやり取りを交わす内に意気投合するようになりました。彼女とのことを真剣に想っていたCさんは極力、同僚医師や看護師に気づかれないよう、交際を開始。デートは病院から離れた隣エリアへドライブという形で行い、3年のお付き合いを経て結婚に至りました。

この場合も医療関係者との結婚例ですが、医療事務の方と結婚に至る例は比較的珍しいようです。何故なら病棟勤務していて医療事務の方とドクターが会話をするのは、レセプトのやり取りをする時くらいだからです。それだけに波長が合ったと感じた際は、ドクターからアプローチをすることが比較的多いようです。あまり会話をすることの医療事務ですが、ドクターからすれば独立し、開業した場合に自分をサポートしてくれる、心強い存在と考え、恋愛に発展するともいいます。

Case3医師と患者

医師9年目のEさんは外科医として確かな手術と術後ケアが評判。人柄も良く、病棟の看護師にも人気が高いものの、何より仕事優先で婚期を逃していました。その時、重度の腹膜炎で救急搬送されてきたのがOLのFさん。当直で執刀したことで退院までを担当している中、先に好意を持ったのがFさんでした。外見はパッとしないものの、その優しい物腰や人柄に恋心を覚えてしまったのです。Eさんも日に日に元気になっていく彼女に笑顔が増えるのをみていて、忘れていた温かな気持ちを取り戻したそうです。彼女が退院したのを待ち、Eさんから交際を申し込み、1年半の交際を経て二人はゴールインしました。

医師と患者というのはこれまでのケースに比べるとあまり多くはありません。ですが、交際に至ったほとんどのケースが患者さんからドクターに好意を持つところから始まるようです。ドクターにしても自分が受け持っている患者というのは情が入りやすいもの。病気や入院の程度にもよりますが、医師と患者の期間がある程度長いと恋愛に発展するケースもあるようです。

その他の関連記事

初めまして!
恋に悩む人々に
恋愛成就のヒントを伝授する
婚活アドバイザー サトウです。

ドクターの婚活の現状や恋愛
事情など、様々な角度から
情報発信しておりますので、
皆様の理想のパートナー探しの
力になれればと思います。