効果的なメール活用術/男性医師の恋活・婚活を応援する【ドクターパートナー】

HOME > ドクターのための恋愛テクニック > 効果的なメール活用術

【恋愛する時間はつくるもの】
効果的なメール活用術

キーワード:アプローチ方法 , コミュニケーション , メールテクニック , 勤務医 , 医者 , 研修医

効果的なメール活用術

効果的なメール活用術携帯電話やスマホの普及により、今ではメールのやりとりが男女の交際の鍵を握るようになっています。
そこで、ここでは効果的なメール活用の仕方を徹底研究!!
また、携帯のメールの書き方だけでなく、SNSや婚活サイトで有効なプロフィールの作り方なども一緒に紹介致します。

モテる男性はマメにメールを送る

モテる男性はマメにメールを送る女性は何気ないことでもメールでコミュニケーションを取るのに対し、男性は情報の交換程度にしかメールを使わないといわれています。しかし、モテる男性は違います。
「それにしても今日は寒いね」とか「今日で出会って、丁度1ヶ月だね」などと、たわいのないことでもメールを送ります。
また、女性が何気なく言っていたこともしっかりと覚えていて、「好きだって言ってたイギリスのバンドが来日するらしいよ」とか「前に腰が痛いって言ってたけど、このサイトに腰痛を和らげる方法が載ってるよ」と彼女にメリットのある情報を見つけたら、すかさずメッセージを送ります。そのように何気なく口にしたことを覚えていて、ケアしてくれる男性を女性は好きになるのです。

わざと自分の秘密を打ち明ける

メールは面と向かって言いにくいことを伝えるのには使いやすいツールです。そこでこの特徴を活かして使えるテクニックがあります。それはわざと彼女にだけ、誰にも話していない秘密を伝えるのです。
例えば「小さい頃のトラウマ」や「大きな失敗談」などです。自慢話であれば「良かったね」で終わってしまいますが、失敗談であれば親近感が湧きやすく、共感を得ることが出来るでしょう。
こういった誰にも話していない秘密を打ち明けられると女性は男性にとって「自分だけが特別」と思うのと同時に、「自分だけに本当の姿を見せてくれるんだ」と誠実さを感じるのです。
また、メールに「面と向かっては恥ずかしくて言えなかったんだけど…」などと書いておくと、さらにその効果が高まります。

パターンを逆手に取って、ギャップを演出する

なかなか相手が関心を示してくれないのならば、パターンを逆手に取って、ギャップを演出してみてはいかがでしょうか。毎日メールしているなら、一旦止めてみるとか、普段絵文字を全く使っていなかったら、文章中に絵文字を多用してみるなどです。そうすると女性は「あれ?どうしたのかな?」とあなたを気にしだすようになります。但し、このギャップを使うには「相手の予想するレベルを超える」ことが必要になります。
例えば毎日メールしていたのを止めてみる場合、3日間ぐらいではあまり効果が期待出来ません。
女性を心配させるまでには至らないからです。
最低でも1ヶ月はメールをするのを止めましょう。相手の予想する期間を超えることで女性を心配させ、あなたを意識させることが出来るのです。

女性の興味を惹くプロフィールの作り方

SNSや婚活サイトを利用するならば、まずはあなた自身のプロフィールを作成することが必要となります。ネットワークが大きくなればなるほど、そこには様々な異性が集まるようになります。その中で自分が求めている女性と出会うためには、上手く自分をプロモーションする必要があります。
経歴や趣味を簡単に書いているだけの人がいますが、それでは婚活が上手くいくわけがありません。
理想の条件の異性と出会いたいのならば、プロフィールに工夫を凝らさなければいけません。

オンラインでも嘘は書かない

ウェブの場合、自分をよく見せようとして、嘘の情報を書く人が結構います。しかし、後で発覚した時に信用を著しく失うため、絶対に嘘は書いてはいけません。年齢や職業、学歴、年収はもちろんですが、趣味や性格についても嘘をつかずに素直な魅力を書くようにしましょう。
背伸びをしても自分を理解してくれる生涯の伴侶を見つけることは出来ません。
むしろ正直に欠点を書いて、それでも興味を持ってくれる異性の方が会ってからも、上手くいく可能性が高いでしょう。
そのため、プロフィールは必ずありのままの自分を書くようにしましょう。

趣味は出来るだけ具体的に詳しく書く

人は皆、価値観や趣味が同じ人と結婚したいと考えるものです。そこで重要なのは、自分の価値観や趣味が相手に伝わるように、出来るだけ具体的に書くことです。
例えば、趣味の欄にただ漠然と「読書」とだけ書いてはいませんか?読書が趣味なら「どんなジャンルなのか」「好きな作家は誰か」「月に何冊くらい読んでいるか」「今までに一番感動した本は何か」まで具体的に書きましょう。
そうすることで、あなたがどんな人か相手に伝わりやすくなりますし、「私もそれが好き!」と女性からも言いやすくなります。
具体的な趣味を示すことで、同じ趣味を持つ異性から興味を持たれる可能性が高くなります。

初めまして!
恋に悩む人々に
恋愛成就のヒントを伝授する
婚活アドバイザー サトウです。

ドクターの婚活の現状や恋愛
事情など、様々な角度から
情報発信しておりますので、
皆様の理想のパートナー探しの
力になれればと思います。