モテる男のおすすめファッションコーディネート/男性医師の恋活・婚活を応援する【ドクターパートナー】

HOME > ドクターのための恋愛テクニック > モテる男のおすすめファッションコーディネート

【婚活コレ】
モテる男のおすすめファッションコーディネート

キーワード:アプローチ方法 , お見合い , コミュニケーション , 出会い , 医師 , 医師の恋愛事情 , 婚活 , 恋愛心理学 , 結婚

モテる男のおすすめファッションコーディネート

モテる男のおすすめヘアスタイルハイスペックな職業である医師には、一般の人が思い浮かべるイメージに白衣かスーツ姿が多いようです。
これは医療ドラマでブランドスーツに身を包んでいたり、大人カジュアルに決めていたりと、センスがいいハイクラスな人達に描かれている影響かもしれません。
実際のところはスーツで出勤する人はあまりいないのですから現実と虚像の差は大きいといえます。病院長のような様々な来客と多く面会する立場の方であれば、お相手への礼儀としてスーツの着用が常識的ですが、ドクターの場合は勤務時間には制服同様の白衣を着用していますので、私服がどんなものであろうと何も問題はありません。学会や講義など、病院を出ての仕事ではさすがにスーツを着ていますが、それ以外では滅多に着ないのもドクターなのです。

通勤時に見る、ドクターのファッションセンス

通勤時に見る、ドクターのファッションセンスでは、普段着でドクター達が選ぶのはどんなファッションなのでしょうか?様々な専門医に質問したところ、共通するのがポロシャツにスラックス、あるいはチノパンやGパンでした。若いドクターの場合はTシャツと短パン、またはカーゴパンツとの回答が飛び出すように、普段は驚くほどカジュアルなのです。
確かにラフで気を遣っていないようなファッションではありますが、ドクターが身に着けている服はその辺りの専門店で調達が出来るような安いものとは違います。
よくよく見れば着ているポロシャツには世界的に認められているグッチやラルフローレン、アルマーニといった、ハイクラスなブランドの商品ばかり。ブランドロゴにそこはかとなく、ドクター達の主張が見え隠れしていることに気がつくはずです。

ファッションに自信がなくてもコーディネートで勝負

多忙な毎日から服を買いに出かける機会がなく、最近は新作も買っていないな、という方も多いでしょう。下手をすると体型が変わらないからと、何年も同じ服装をしていたりしませんか?ここでは自分がどのタイプかを知り、取り入れて欲しいコーディネートをご紹介します。
婚活の現場において服装は何よりも雄弁にあなた自身を表現してくれます。たとえ高価なブランド服を着ていようと、その服が自分に似合っていなければ“着させられている”感は否めません。
女性はそうした部分にとても敏感です。ひと目見た瞬間に好印象を得られるファッションスタイルを、この機会に目指しましょう。

誠実な男を目指すコンサバタイプ

誠実な男を目指すコンサバタイプこのスタイルの特徴はビジネスシーンでも通用する、一言でいえば大人な着こなしです。今シーズンの流行はシンプルで様々なパンツと合わせやすいグレージャケット。ニットやインナーとも相性がいいのでカジュアルなシーンにも使えます。合わせるパンツの色は柔らかなインディゴカラーか、ペールトーン。
全体的にモノトーンにしてしまうと個性が消えてしまうので、シャツは大きめのギンガムチェックにソリッドタイを合わせればグンとおしゃれ度がアップします。
信頼度を高めたいのであればネイビーカラーのジャケットを。
グレーのパンツとの組み合わせは男性の紳士度が上がり、女性のハートを掴みやすい定番スタイルです。ただし、サラリーマンの仕事帰り風のファッションに見られやすいので、シャツはチェックやストライプ柄で遊びを出しましょう。

シャープさを強調、モードタイプ

シャープさを強調、モードタイプ細身の体型であればそのスタイルを活かし、全体的にモノトーンの配色で細身にこだわったモード系が似合います。ビジネスシーンではカジュアルになりがちなニットジャケットも、婚活パーティーなら洗練された印象に映ります。
B.D.シャツを合わせれば休日スタイル風に。同系色のネイビー以外の色ならどのパンツも好相性ですが、必ず細身のものを選ぶのがポイントです。
また、デザインはシンプルなものに抑えておきながらも、胸元にチーフを取り入れる、ネクタイを締めるのであれば、小物は光沢のある素材をチョイスしましょう。
そうすることでモノトーンながら華やかさを添えることが出来、都会的洗練度が増します。

繊細でフェミニンなエレガントタイプ

繊細でフェミニンなエレガントタイプ包容力のある男に見せたいならば、ソフトな雰囲気を感じさせる淡い色を取り入れましょう。明るいベージュのジャケットなら、自然体で優しい印象を与えられます。こうしたベージュのジャケットに同系色の生地によるベストを合わせた時は、全体を引き締めてくれるネイビーのパンツがしっくりとハマります。
濃淡の組み合わせはコーディネートが立体的になり、ベストの分だけフォーマルに近い装いに変わるからです。ただし、グレーのウールパンツと合わせてしまうと包容力が強調されてしまうので、ここはホワイト系のパンツで繊細さが際立つ、優しいフェミニンな癒し系にすると良いでしょう。
自分から積極的に女性をリードしたいというよりは、相手の話をじっくり聞いてあげられる人にこそ相応しい装いです。

初めまして!
恋に悩む人々に
恋愛成就のヒントを伝授する
婚活アドバイザー サトウです。

ドクターの婚活の現状や恋愛
事情など、様々な角度から
情報発信しておりますので、
皆様の理想のパートナー探しの
力になれればと思います。