女性が引いてしまうNGワード/男性医師の恋活・婚活を応援する【ドクターパートナー】

HOME > TOP表示 > 女性が引いてしまうNGワード

【ドクターのための恋愛テクニック】
女性が引いてしまうNGワード

キーワード:デート , ドクター , メールテクニック , 出会い , 医師 , 婚活 , 恋愛心理学 , 結婚

女性が引いてしまうNGワード

女性が引いてしまうNGワード女性と会話をしたりメールを送る際に、避けて頂きたいNGワードがいくつかあります。NGワードを使うと、女性に引かれてしまう可能性が高くなりますので、注意しましょう。

×「何してる?」

「何してる?」1日のうちに、何度も「何してる?」とメールを送り付けたりしていませんか?この「何してる?」の一言メールは、女性受けがとても悪いメールです。返事が来ないからと、2度も3度も送りつけると、女性は完全に引いてしまいます。
また、外出すると言う彼女に「誰と会うの?」「どこに行くの?」「何するの?」と毎回のようにしつこく尋ねるのもNGです。束縛されている・信用されていないと、引かれてしまいます。

×「おまえのせいで・・・」

「おまえのせいで・・・」仕事などでうまくいかないときに、八つ当たりで「おまえのせいでうまくいかなかった」と言ってしまいがちですが、「何、人のせいにしてるの?」と、彼女たちはその器の小ささに引いてしまいます。引くどころか、責められたことが辛くて、それを引きずってしまう人もいますので、おまえのせいでと言う言葉は使わないようにしましょう。
人のせいにするのは簡単ですが、きちんと自分で何が悪かったのかを考えられる人になりましょう。人に責任を押し付けるのはNGです。

×「お母さんに・・・」

何かあると、すぐに「お母さんに聞かないと分からない」とか、「お母さんに伝えないと」等、母親を話題に出す方は、マザコンだと思われて引かれてしまいます。成人しているのですから、「お母さん」ばかりを頼りにするのではなく、自分で考えるようにしましょう。何かと「お母さん」を話題に出すのはNGです。また、お母さんのことを「ママ」と呼ぶ男性も引かれますので、気を付けて下さい。

×「要は・・・」

女性の話は、要点がまとまらず、コロコロと移り変わっていく傾向があります。それをまとめたい、整理したいと思うかもしれませんが、女性はただ話を聞いてもらいたくて話しています。「要はこういうことだろ」などとまとめられるのを嫌がる女性もいますので、うんうんとただ聞いてあげて下さい。

×「それより・・・」

会話を強引に遮断してしまうワードは、女性をがっかりさせますし、嫌な気分にもさせます。「私の話には興味がないんだ」と思われないように、まずは女性の話をきちんと聞いてあげて下さい。相槌を入れながら聞けば、女性は喜んで話をします。話がひと段落したら、次はあなたが話したいことを話題にしましょう。

×「でも」「だけど」等、否定の言葉

「でも」「だけど」等、否定の言葉男性も女性も、否定をされると苛立ちがわいてきます。「自分は違う!」と思うかもしれませんが、否定されるとイラッときませんか?あなたはイラッと来ないかもしれませんが、女性はたいていの方が否定されるとイラッときます。特に「それは違うでしょ」と決めつけられたり、「なんでそんな考えするわけ?」など上から目線の説教などNGです。女性は、聞いてもらいたいと思って話しています。共感してもらえたら嬉しいのですが、共感できないなら「うん、うん、そうなんだ」と聞いてくれるだけでも救われます。

×昔の彼女の話

別れた彼女の話をするのはやめておくのが無難です。やきもちを妬かせたくてたくてわざと話題にする男性もいますが、女性から引かれてしまいます。彼女から聞かれてそれに答える場合は、きちんと彼女の目を見て誠実に話をしましょう。特に、昔の彼女と比較するのはNGです。例え目の前の彼女を褒めるための比較でも、女性は良い思いをしません。「前の彼女に比べて、お前は料理が上手で嬉しい」「おまえといる方が居心地がいい」など、うっかり口にしないようにして下さい。

×誰かの悪口

延々と続く誰かの悪口を聞かされること、苦手ではありませんか?悪口は、誰が聞いても気持ちの良いものではありません。悪口も苦手ですが、女性は汚いワードや語尾の荒いワードも苦手ですので、注意して下さい。

×愚痴などのネガティブワード

愚痴などのネガティブワード「面倒」とか「だるい」とか、そんな言葉を何度も聞かされると、聞いている方もテンションが下がってしまいます。やたらとテンションが高くて「今日も頑張ろう!!」などのワードを張り切って毎日言われるのも疲れますが、ネガティブなワードを毎日聞くのはとても辛い気持ちになります。何かと体調が悪いアピールをする方もいますが、それも女性を疲れさせますのでやめましょう。

×自慢話

女性は自慢話を聞くのがそんなに得意ではありません。たまになら良いのですが、会う度に自慢話をされると、段々と会うことが億劫になってしまいます。特に、同じ自慢を何度も繰り返されると嫌になってしまいます。あなたは、自分の自慢をすることで、相手が自分のことをもっと「素敵だ」と思ってくれるようになると期待しているのかもしれませんが、実は全く逆な現象が起きているのです。

×下ネタ

下ネタが苦手な女性は多いものです。軽い物なら大抵の女性は我慢して話に付き合いますが、激しい下ネタになると引かれてしまう可能性が高くなります。もちろん、下ネタが好きな女性も中にはいますが、下ネタはあまり出さないようにしましょう。

×身体について触れる言葉

「きれいな足、してるよね」「胸、大きいよね」悪気なく褒めたつもりでも、女性からは「身体目当て!?」「気持ち悪い」と思われてしまうNGワード。「ぽちゃっとしててかわいい」「触り心地が良さそうだよね」も、もちろんNGです。どんなに褒め言葉のつもりでも、太っていると遠回しに言われたようなものです。また、「背が高くてかっこいいよね」「背が低くて可愛いよね」と言うような言葉も、コンプレックスを刺激することがありますのでNGです。身体を褒めるのではなく、内面を褒めて下さい。






その他の関連記事

初めまして!
恋に悩む人々に
恋愛成就のヒントを伝授する
婚活アドバイザー サトウです。

ドクターの婚活の現状や恋愛
事情など、様々な角度から
情報発信しておりますので、
皆様の理想のパートナー探しの
力になれればと思います。