紳士の基本はダンディな靴から/男性医師の恋活・婚活を応援する【ドクターパートナー】

HOME > TOP表示 > 紳士の基本はダンディな靴から

【ドクターのための恋愛テクニック】
紳士の基本はダンディな靴から

キーワード:デート , ドクター , 出会い , 医師 , 婚活 , 結婚

紳士の基本はダンディな靴から

紳士の基本はダンディな靴から「おしゃれは足元から」
「服に気を配っている人かどうかを知りたい場合は、靴をみればいい」
誰もが一度くらいは耳にしたことのある言葉ではないでしょうか?
どんなに素敵なスーツを着ていても、足元がスニーカーだとしまりません。擦り切れて傷んだ革靴では残念な印象にしかなりません。汚れた靴だとだらしない印象になります。逆にきちんと手入れをした上質な革靴なら、ダンディで素敵な方に見えます。
足元をきちんとしている方は、全身もきちんとしていて素敵です。身なりを整えるためには、紳士のたしなみとして足元をまず整えましょう。

ダンディな靴とは

おしゃれは足元からと言いますが、ピカピカ輝く目立つ靴をどう思いますか?顔よりも服よりも目線が靴にいってしまう目立ちすぎる靴を「ダンディ」だと思う方はまずいません。
靴を磨くことは大切です。しかし、磨かれた重厚な靴を履いている人がダンディです。
おしゃれな紳士は、靴を磨くけれど、ピカピカにするのではなく鈍く光らせてダンディ感を演出します。靴だけで落ち着いた紳士の印象を与えることが出来ます。

靴の値段

靴の値段「良い靴は良い場所へ連れて行ってくれる」とよく耳にします。良い靴とはどんな靴でしょう?
やはり素材の良し悪しは大切です。10,000円で売られている靴と、100,000円で売られている靴では、靴の素材が全く違います。良い素材の靴は、履いた人を上質な人に見せてくれます。そして、上質な皮靴は、古くなるほど足になじむようになります。
足は、サイズの変化がほとんどありません。洋服は太れば着られなくなりますが、成長した大人の足は誤差はありますがほとんど変わりません。つまり、一度購入した靴は、手入れ次第では一生履くことが出来るのです。
靴は、洋服と比べて流行の流行り廃りも関係ありません。昔から販売されているクラシックな靴は、今でも当たり前のように靴屋に並んでおり、たくさんの方に購入され愛用されています。
日本で簡単に購入出来る、クラシックで上質なダンディな靴は、最低価格の目安は6~7万円になります。イタリア製品とイギリス製品は、特にクオリティが高くおすすめです。

自分の足にあった靴を履くのが紳士

紳士に限らず、靴は誰でも「自分にあう靴」と「あわない靴」があります。そのため、靴を購入する際には、「試し履き」が必要となります。
上質な革靴を購入する場合は、多少きつく感じる物を購入して下さい。革は足になじんでくるものです。小さ目の靴をなじませるのは出来ますが、大き目の靴をなじませることは不可能です。
靴を選ぶとき、足の縦のサイズだけで決めようとする方がいますが、足のワイズ(幅)も大切です。様々なサイズとワイズの靴を履き比べて、自分に合う靴を探さなければなりません。また、靴は実際に履いて歩き回り、履き心地の良さを確認してから購入します。その際、靴紐は甲が痛いくらいに締め付けます。常に紐を感じるくらいに締めるのが、靴紐の正しい結び方になります。少しでも歩き辛い靴は、足に合っているとは言えません。
足が浮腫むのは、夕方以降です。夕方以降に試着して購入するのが、正しい靴の買い方です。
よく、革靴を履くと足が痛くなる方がいますが、それは足にあっていないためです。足に合った革靴は、足を痛くしませんし、疲れにくくなります。自分の足型にあった靴を見付けるため、様々な靴を妥協せずに試着をしてみて下さい。足に合わない靴は、どんなに高額な金額をだして購入しても、痛いからと言って履かなくなってしまいます。そのような無駄な買い物を控えることも紳士として大切です。

靴のお手入れ方法

靴のお手入れ方法新しい靴を履く前に、必ず靴を磨きましょう。靴に脂を与えずに履いて歩くのは靴のためによくありません。紳士は靴の手入れを怠ってはいけません。革靴は新品よりも、履きこんで手入れをされている靴の方が、その人自身になじんでダンディだと言われます。履きこむためには革靴の手入れは怠れません。
ブラシなどで革靴の汚れを落とし、革用の脂を薄く伸ばして少量使います。塗り過ぎると染みになってしまいますので、必ず薄く伸ばして使用して下さい。脂を足すのは時々で問題ありません。
靴を磨くときに、甲の部分だけを磨いて満足する方がいますが、これは間違いです。必ず靴の底まで磨いて下さい。
これは、靴の手入れの基本です。靴は、常に磨いておきましょう。埃がついている靴は、紳士として恥ずべき靴になります。

シューキーパー

靴を脱いだら、シューキーパーを入れて靴の形を整えます。シューキーパーを入れていない靴は、しだいと爪先の底が反って浮いてしまいます。シューキーパーは、靴を買う時に必ず一緒に購入するようにしましょう。シューキーパーにも様々な形があり、靴に合うものと合わないものがあります。店員の方に相談をしながら購入することをおすすめします。
また、シューキーパーは、プラスチック製の安価のものから、木製の高価な物まであります。天然木のシューキーパーは、優れた吸湿性や脱臭の効果があります。カビや虫食いなどのトラブルを遠ざけてくれるものもあります。ただし、ニスが塗ってあると効果が激減してしまいますので、ニスを塗ってない物を選びましょう。
また、シューキーパーを使っているから安心だと勘違いして、毎日同じ靴を履く方がいます。毎日同じ靴を履くと、甲の部分にシワが出来やすくなり、靴が劣化してしまいます。シワのよった靴は、ダンディな靴にはなりません。1日履いたら1日休ませるのが、靴を長持ちさせるポイントです。

その他の関連記事

初めまして!
恋に悩む人々に
恋愛成就のヒントを伝授する
婚活アドバイザー サトウです。

ドクターの婚活の現状や恋愛
事情など、様々な角度から
情報発信しておりますので、
皆様の理想のパートナー探しの
力になれればと思います。