ドクターお役立ちコンテンツ/男性医師の恋活・婚活を応援する【ドクターパートナー】

HOME > ドクターお役立ちコンテンツ

ドクターお役立ちコンテンツ

123

かかりつけ医

2015年08月28日(金) キーワード:

かかりつけ医

かかりつけ医とは、患者様やご家族の体質や病歴を把握し、健康管理や日常的な治療を行う、身近な地域のお医者様になります。どんな病気でも診ることになるため、広い知識が必要です。何でも相談しやすいかかりつけ医がいれば、患者様は安心して自分の身体の不安な事を相談が出来ます。それだけではなく、本人が無自覚なことをお医者様が早期発見することが出来るため、専門機関への受・・・

チーム医療とは

2015年01月14日(水) キーワード: ドクター , 医師 , 医療事情 , 婚活 , 婚活パーティー

チーム医療とは

病院には、様々な医療専門職のスタッフがいます。チーム医療とは、この様々な医療専門職のスタッフが協力して一人の患者さんに対して対等に連携をとり、治療やケアを行うことを指します。 従来の治療は、医師が中心となり看護師や薬剤師、栄養士などに指示を出して医療業務を行っていました。しかし、医師は自分の分野以外については、専門職の方と比べるとどうしても知識が偏・・・

セカンド・オピニオンへの協力

2013年12月17日(火) キーワード: コミュニケーション , 勤務医 , 医療事情 , 医者 , 研修医

セカンド・オピニオンへの協力

「手術を勧められたが、どうしよう」患者さんが自分の体や命に関わる重大な決断をしなければならない時、担当医師以外の専門医に相談を行なって第二の意見(セカンド・オピニオン)を聞きたいと考えるのは当然です。 しかし、日本では、そもそも「セカンド・オピニオン」の概念が普及していない上、「信用していないようで主治医に失礼では?」とセカンド・オピニオンの取得を躊躇・・・

治療方法の選択肢

2013年12月17日(火) キーワード: コミュニケーション , 勤務医 , 医療事情 , 医者 , 研修医

治療方法の選択肢

昨今の医療の現場では「患者さん中心」という言葉が頻繁に聞かれるようになりました。以前は医師が「この治療を行います」と言えば、患者さんは「よろしくお願いします」と答えるしかなったのですが、今は違います。 患者さんの多くは「自分の治療に主体的に参加する」ことを求めているのです。 「治療方法の選択」については、医師が提案した複数の案から、様々な判断材料を踏・・・

信頼出来る医師との情報共有~安心と納得~

2013年12月17日(火) キーワード: コミュニケーション , 勤務医 , 医療事情 , 医者 , 研修医

信頼出来る医師との情報共有~安心と納得~

医師が治療前の患者さんに対し、その治療が必要な理由や期待出来る効果、期間や費用等についてわかりやすく説明して実施に同意を得る「インフォームド・コンセント」は今やどの病院でも当たり前となりました。 患者さんの安心と納得のためには医師と患者さんとが必要な情報を共有し、信頼関係を築くことが欠かせませんが、そのために行われている実際の取り組みを幾つか紹介します・・・

医療とは何か?

2013年12月17日(火) キーワード: コミュニケーション , 勤務医 , 医療事情 , 医者 , 研修医

医療とは何か?

「患者さんが医療機関や医療関係者に求める『医療』とは何か?」ということは意外とわかりにくい問題かもしれません。 高い技術に基づいた正確な治療の実施は言うまでもありませんが、実は、それ以外にも多くのものが求められているのです。 それが何かを考える上で指針となりそうな考え方をここでは二つ紹介したいと思います。

九州地区

2013年12月16日(月) キーワード: 勤務医 , 医療事情 , 医者 , 研修医

九州地区

その特徴は(1)医療提供のレベルの高さ、(2)福岡・糸島、久留米、飯塚、北九州という4拠点の存在、(3)療養病床数と回復期病床数の多さです。

四国地区

2013年12月16日(月) キーワード: 勤務医 , 医療事情 , 医者 , 研修医

四国地区

その特徴は(1)全国平均を大きく上回る総病床数、総医師数、総看護師数、(2)東部の徳島市と南部の小松島市への医療の集中です。

中国地区

2013年12月16日(月) キーワード: 勤務医 , 医療事情 , 医者 , 研修医

中国地区

鳥取県は人口59万人と日本で最も人口の少ない県であり、2次医療圏(入院ベッドが地域ごとにどれだけ必要かを考慮して決められる医療の地域圏)の数も3つと、日本一少なくなっています。

近畿地区

2013年12月16日(月) キーワード: 勤務医 , 医療事情 , 医者 , 研修医

近畿地区

京都府の特徴としては(1)高い医療提供レベル、(2)京都・乙訓への一極集中、(3)中丹の奮闘、山城南の医療不足です。

123

初めまして!
恋に悩む人々に
恋愛成就のヒントを伝授する
婚活アドバイザー サトウです。

ドクターの婚活の現状や恋愛
事情など、様々な角度から
情報発信しておりますので、
皆様の理想のパートナー探しの
力になれればと思います。