ビジネスプラン 勤務医編/男性医師の恋活・婚活を応援する【ドクターパートナー】

HOME > ドクターお役立ちコンテンツ > ビジネスプラン 勤務医編

【理想のライフプランを考える】
ビジネスプラン 勤務医編

キーワード:勤務医 , 医療事情 , 医者 , 研修医

ビジネスプラン 勤務医編

ビジネスプラン 勤務医編かつて医師国家試験に合格した医学部生徒は、母校の大学医学部のいずれかの医局に在籍し、その中で研修を積みながら医師としての心得を先輩医師から学び取っていました。しかし2004年度からは<スーパーローテート方式>という制度に変わり、医局に所属せず各診療科を数ヶ月単位で回りながら学ぶ形となりました。
ところが研修期間が終了しても、ほとんどの人が卒業大学の医局に席を置くのが主流のままです。大きな理由としては新人医師が何のルートもなく、自分一人で歩んでいく事が不可能だからです。経験がものをいう医師の世界では先輩や教授とのつながりは財産であり、いずれ関連病院への就職斡旋が受けられる利点がある点も否めません。

病院側にしても医局がある事により確保しやすく、慢性的な医師不足が解消されるメリットを持ちます。中小規模の病院、地方や過疎地で医師不足が問題視されているのは、相変わらず大学病院が人材を独り占めしている構図からよるものといえるでしょう。権力構図やパワーバランスから様々な問題点が指摘されている医局ですが、常に最新医療への研究に取り組めるという意味では重要な役目を果たしています。
ところが近年、こうした医師を取り巻く環境が転換期を迎えていると見る別の動きが出てきました。医局一辺倒だった流れから、能力のある者を活かす道筋が幾重に分かれ、明確になってきたと期待する人もいます。その選択肢と現状について、ここでは取り上げてみましょう。

大学医局のメリット、デメリット

大学医局のメリット、デメリット昨今、規制緩和により医局制度が徐々に見直されています。しかし未だに悪しき慣習により、日本医療の根幹は医局縛りの体制が続いている側面を持つのも確かです。大学教授を頂点としたピラミッド型の人的構成はしばし出世街道とリンクしますが、本来あくまでも大学は高度先進医療を実践する場であり、研究・教育機関でなくてはなりません。ひとたび意に添わない人事に反発した、教授の機嫌を損ねたというだけで地方関連病院へ左遷の憂き目をこうむるようでは理想の環境とはいい難いでしょう。

確かに医局にいれば保険適用外の新たな治療を経験出来、博士号の取得や研究会などに参加が可能というメリットがあります。その反面、臨床よりも研究が主体になりがち、民間病院と比較すると収入が低いなど、苦労の割にデメリットが多い点は否めません。
今後は時代の流れとして臨床に力を注ぎたい人は民間病院へ、研究を続けたいならば大学の医局へという具合に明確な住み分けがされていくかもしれません。

医局から離れ、転職を試みる時期とは

地域の患者と向き合い、その一生を見続けフォローする医療の原点を見直すべく、民間病院でも高度医療へシフトをし始めています。そのため、生涯医局から退局し、民間病院へ転職するケースが増えている実情があります。
この退局する時期は人それぞれですが、大抵は医局でのメリットをある程度享受出来たと思えた頃。つまり、入局後三?五年を経た後期研修プログラムをひととおり終えた時期や医学博士を取得した時。または専門医の資格を得た時が挙げられます。ここまでの経験値と資格を得られると一人でもやっていける自信がある程度持てるようになり、退局への意識が現実味を帯びるのです。

需要と供給が深まり、医師の転職が可能に

かつて、医局を辞めると大学という後ろ盾を失い、自分で民間病院と直接契約をするか開業をしなくてはなりませんでした。そのため何か問題を起こしていられなくなったのでは、と白い目で見られたものです。
しかし現在では医局の力が弱くなり、そこに属さなくても医師不足によって各地での需要が高まった事から、転職における失敗も少なくなりました。民間病院勤務におけるメリットとしては大学病院よりも高い報酬が望める事、臨床技術・能力の向上、地域医療への貢献が挙げられます。
ただし、専門医や認定医の取得が可能な施設が限られているというデメリットもありますので、医局でこれらを取得した上で転職するのが賢明といえるでしょう。

自分で民間病院を探す上での方法とは

【ケース1】 インターネットを活用する
一般企業のように求人情報を扱う雑誌は、医療業界には表立って存在しません。ただし多忙な医師でも自分の空き時間で利用しやすい、インターネットでの医師専門求人・開業サイトがいくつか存在します。自分が理想とする勤務体系、条件から検索が出来る便利なツールとして、選択肢のひとつにすると良いでしょう。

【ケース2】 人材紹介会社を利用する
医療機関と医師をつなぐ機関である人材紹介会社には、自分のビジョンを元に手厚いサポートが受けられるというメリットがあります。信用を第一に考えて提案してくれますので、転職前に現在のスキルを客観的に見直せ、早計にならずに済むでしょう。人材紹介会社によっては病院側から利益を得ているため、医師へのサポートは完全無料で行っています。

初めまして!
恋に悩む人々に
恋愛成就のヒントを伝授する
婚活アドバイザー サトウです。

ドクターの婚活の現状や恋愛
事情など、様々な角度から
情報発信しておりますので、
皆様の理想のパートナー探しの
力になれればと思います。