信頼出来る医師との情報共有~安心と納得~/男性医師の恋活・婚活を応援する【ドクターパートナー】

HOME > ドクターお役立ちコンテンツ > 信頼出来る医師との情報共有~安心と納得~

【患者さんがクリニックに求めること】
信頼出来る医師との情報共有~安心と納得~

キーワード:コミュニケーション , 勤務医 , 医療事情 , 医者 , 研修医

信頼出来る医師との情報共有~安心と納得~

信頼出来る医師との情報共有~安心と納得医師が治療前の患者さんに対し、その治療が必要な理由や期待出来る効果、期間や費用等についてわかりやすく説明して実施に同意を得る「インフォームド・コンセント」は今やどの病院でも当たり前となりました。

患者さんの安心と納得のためには医師と患者さんとが必要な情報を共有し、信頼関係を築くことが欠かせませんが、そのために行われている実際の取り組みを幾つか紹介します。

医師と患者さんが情報を共有するITカルテ

医師と患者さんが情報を共有するITカルテ「ITカルテ」とは患者さんの診療情報をデータセンターに登録、患者さんがいつでもそれを見られるようにするシステムの名称です。
診療内容や医師のコメント、検査データ、CTやMRIの画像、薬の内容等をパソコンを始めとする電子端末で自由に見ることが出来ます。最大の特徴は情報を管理するのが患者さん自身であること。
月600円程度の会費を患者さんが支払い、主治医や自分の診療に関わる他の医師、家族にだけ情報の閲覧に必要なパスワードを教えて使用します。
医師が書き込み、病院が保管する通常のカルテとは大違いで、実際に「ITカルテ」を利用している男性の患者さんは「外側からは分かりにくい脳など体の奥の病気でもカルテのCT画像などを見れば実際に起こっていることがよく分かります」また、「離れて暮らす家族もインターネットを通じてITカルテを読み、詳しい症状を把握することが出来ました」とそのメリットを語っています。

仮に診察の際に聞き逃したことがあったり、よくわからないことがあっても自宅に帰ってからその内容をITカルテで再度確認することが出来ます。さらに、自分で症状の経過を逐一細かく書き込んでおけばそれを医師が見て、次の診察の参考することも可能です。
ITカルテで患者さんからの積極的な情報発信が行われ、患者さんと医師の間でのコミュニケーションが活発化すれば、従来の医師や病院主体の医療が患者さん中心のものになり、互いの信頼関係はさらに深まるでしょう。

ITカルテによってもたらされる様々なメリット

このITカルテには他の病院や医師との連携にも役立ちます。
例えばこんなケースがありました。通院治療中の患者さんの症状が自宅で悪化。通院先のA病院に連絡したところ、あいにく主治医は手術中でした。
そこで、A病院ではすぐ近くの別のB病院を紹介、B病院の医師はITカルテを元に手早く処置を行ったために大事には至りませんでした。

また例えば、患者さんがある特定の検査のためだけに他の病院に行く際は既に受けている検査データを持参しなければいけない場合があります。その際にこのITカルテを活用すれば、患者さんが検査結果を持ち運ぶ手間を省けます。
さらに担当の医師が事前にデータを閲覧しておけば、その後の検査やその分析スピードが上がることが期待出来るのです。また、離島など遠隔地の医師と病院間での情報共有にも便利でしょう。
病気や事故の危険はいつどこにあるか予想がつかないもの。
旅先で具合が悪くなり、急遽、初診の病院を受診する必要が生じた際もこのカルテがあれば安心です。ITカルテは患者さん自身の費用でオンライン管理を行うので過去の診療歴の長期間保存も可能。それらに基づいて慎重かつ正確な診察や治療を実現出来ます。

スマホで利用出来る「医師と患者の情報共有アプリ」も登場

「ITカルテ」程は本格的なシステムではありませんが、製薬会社が「喘息」の患者さんを対象に開発した、医師と患者さんの情報共有用のアプリがあることをご存じでしょうか。
喘息は気候や環境の変動、風邪や花粉などによって症状が発生したり変化したりしやすいため、それらに応じ、自分に合った治療を日常的に続けて行くことが大切で、日々の備えも欠かせません。
一人一人に最適な治療法をサポートすることを目的に開発されたこのアプリでは、毎日の体調を患者さんと医師が共に把握して治療の上でのコミュニケーションの円滑化を図ります。ユーザーである患者さんが入力した服薬の状況や喘息の状態はグラフで表示。データがグラフ化されれば日々の症状の変化や治療の効果等を患者さんも医師も把握しやすくなります。

さらにアプリの「ネットワーク機能」を利用すれば、互いの喘息の状況や服薬の状況等の情報をユーザーである患者さん同士が共有し、自らの治療に活かすことも可能です。「喘息」のように日常生活を送りながらの継続的な治療が必要な疾病の治療には、手軽に持ち運べるスマホで使えるこのような仕組みが大いに有効でしょう。
「喘息」の他にも、患者さん自身による継続的な治療が必要な「糖尿病」や「メタボリックシンドローム」などにも活用できる多様なアプリの開発が今後も期待されます。

その他の関連記事

初めまして!
恋に悩む人々に
恋愛成就のヒントを伝授する
婚活アドバイザー サトウです。

ドクターの婚活の現状や恋愛
事情など、様々な角度から
情報発信しておりますので、
皆様の理想のパートナー探しの
力になれればと思います。