治療方法の選択肢/男性医師の恋活・婚活を応援する【ドクターパートナー】

HOME > ドクターお役立ちコンテンツ > 治療方法の選択肢

【患者さんがクリニックに求めること】
治療方法の選択肢

キーワード:コミュニケーション , 勤務医 , 医療事情 , 医者 , 研修医

治療方法の選択肢

治療方法の選択肢昨今の医療の現場では「患者さん中心」という言葉が頻繁に聞かれるようになりました。以前は医師が「この治療を行います」と言えば、患者さんは「よろしくお願いします」と答えるしかなったのですが、今は違います。
患者さんの多くは「自分の治療に主体的に参加する」ことを求めているのです。
「治療方法の選択」については、医師が提案した複数の案から、様々な判断材料を踏まえ、患者さん自身が最終判断を行えるようにすることが大切です。
患者さん自身が本当に納得のいく治療を行うことはお客様から対価を頂いている医師や病院の義務でしょう。患者さんの立場に立って可能な限りの選択肢を提供する努力を惜しんではなりません。患者さんに治療方法を選んでもらう上で医師側に必要な取り組みについて書いてみます。

患者さんには可能な限り、真実を伝える

患者さんには可能な限り、真実を伝える患者さんに最も正しい選択をしてもらう前提として、医師は本当のことをわかりやすく患者さんに伝えなければいけません。
医療に限らず、人は判断材料となる正確な情報なくして何かを選ぶことが出来ません。特に専門性が高くて分かりくいことが多く、人命に深く係わる医療の分野であればなおさらです。

そして、「現在の状況」や「治療が必要な理由」、「治療期間」や「治療によって期待出来る効果」はもちろん、「治療に必要な費用」や「治療によって予想されるデメリット」についてもきちんと伝える必要があります。その際、患者さんが知りたくないと希望したことまで伝える必要はありませんが、「どうしても伝える必要がある」と医師が判断したことであれば、患者さんの意思を尊重しつつも、それを伝える方法について十分に検討することが必要です。

EBMの概念に則って情報を提示する

言うまでもない事ですが、患者さんに接する上で大切になるのが「EBM」という考え方。
これはEvidenced Based Medicineの略で「科学的根拠に基づいた医療」という意味なのは医療関係者であれば誰もが知っていることでしょう。
様々な試験や実験の結果を基に「根拠がある」と考えられる事柄に基づいて最適な方法が選ばれるれるのが正しい医療ですが、その際は最も信頼のできる根拠を把握した上で、一人一人の患者の状況と価値観を考慮することも大切です。このことを今一度心に留め置き、患者さんに治療方法の選択肢を示す際も「科学的な根拠」とともに伝えるようにしましょう。
そのような根拠は、患者さんが治療方法を選ぶ上でも重要な判断材料となるはずです。また、本当に有効な「EBM」のためには、医師自身が最新の研究の動向に注目し、日々の勉学を欠かさない努力が欠かせません。

患者さんと家族との十分な話し合いの時間を設ける

患者さんがどのような選択を行うかには、疾病自体の内容はもちろんのこと、患者さんの家庭の事情や仕事や財産の状況等が深く関係してきます。そのため、選択に際しては、患者さんが家族と十分に相談出来る機会を設けることが必須です。
そのため、病院や医師は患者さんの家族にも治療に関するあらゆることについて説明をしなくてはいけません。
そしてもし、既に行った説明について患者さん側に不明点や疑問点が残っているのなら、何度でも相談に応じてそれらをクリアにしていけるよう努めましょう。また、新しい情報が入れば、患者さん側もその都度再検討が必要になるでしょう。
患者さん側の結論をいたずらに急かすのでなく、繰り返し話し合いが出来る機会を設けるようにしましょう。

その他の関連記事

初めまして!
恋に悩む人々に
恋愛成就のヒントを伝授する
婚活アドバイザー サトウです。

ドクターの婚活の現状や恋愛
事情など、様々な角度から
情報発信しておりますので、
皆様の理想のパートナー探しの
力になれればと思います。