チーム医療とは/男性医師の恋活・婚活を応援する【ドクターパートナー】

HOME > TOP表示 > チーム医療とは

【ドクターお役立ちコンテンツ】
チーム医療とは

キーワード:ドクター , 医師 , 医療事情 , 婚活 , 婚活パーティー

チーム医療とは

チーム医療とは病院には、様々な医療専門職のスタッフがいます。チーム医療とは、この様々な医療専門職のスタッフが協力して一人の患者さんに対して対等に連携をとり、治療やケアを行うことを指します。従来の治療は、医師が中心となり看護師や薬剤師、栄養士などに指示を出して医療業務を行っていました。しかし、医師は自分の分野以外については、専門職の方と比べるとどうしても知識が偏ってしまいます。
チーム医療では、専門職が集まり連携を取ることで、専門のスキルを発揮。その結果、患者さんの人生観などの希望を尊重した治療やケア、サポートなどが行われます。
また、このチーム医療のチームの中には、患者さんやご家族の方も含まれています。

チーム医療の具体的な方法

従来は、医療専門職のスタッフが医師の下に入るため、主体性や専門性が発揮出来ない場面がありました。内科と外科で分かれているため、最善の治療が出来ないこともありました。互いの立場から意見を言い医療を進めていくチーム医療では、そのような垣根が取り払われます。チーム医療の具体的な方法をいくつかご紹介します。
 看護記録とカルテを統合し、情報共有を行う。
 ガイドラインやパスウェイなど、全ての職種で共有。
 スペシャリストの育成。
 様々な科の医師が集まり、合同カンファレンスなど合同会議を行う。
 専門ジャンルが違う医師が集まり、治療方針を立てて協力して治療を行う。

チーム医療を行う際に大切なこと

チーム医療のリーダーはやはり医師になります。しかし、それぞれの専門分野のスタッフは、医師と対等な立場で意見を言うことが必要。しっかりとコミュニケーションを取ることで、患者さんにとって最適で効果的な治療方法が見つかります。
また、患者さんの希望やご家族の希望を聞き、チーム医療全体で患者さんを尊重した治療を行うことが大切です。

チーム医療の問題点

現場では長年に続いた制度を簡単に解消出来ず、今でも主従意識が残っている方もいます。しかし、質の高いチーム医療を行うためには、専門スタッフが情報と意見を出し合い、様々な情報を総合して判断する必要があり、対等に話し合いを行わなければなりません。
また法律で、医療行為は医師の指示で行うよう規定されているため、制度面でもチーム医療を真に発揮することが難しくなっています。

チーム医療に関わる専門職

チーム医療には、様々な医療専門職の方が関わっています。
医師、医療ソーシャルワーカー、医療リンパドレナージセラピスト、看護師、介護士、理学療法士、歯科衛生士、作業療法士、救急救命士、義肢装具士、診療放射線技師、細胞検査士、視能訓練士、言語聴覚士、臨床検査技師、臨床工学技士、臨床心理士、精神保健福祉士、診療情報管理士、管理栄養士、管理栄養士、医療事務スタッフ、患者・ご家族など。
このようなたくさんの方が力を合わせて一人の患者さんを助けようと、治療に専念しています。


その他の関連記事

初めまして!
恋に悩む人々に
恋愛成就のヒントを伝授する
婚活アドバイザー サトウです。

ドクターの婚活の現状や恋愛
事情など、様々な角度から
情報発信しておりますので、
皆様の理想のパートナー探しの
力になれればと思います。